アメ車 福岡|ベイカーズ・株式会社グローバルリンクス 福岡県福岡市南区の輸入車・中古車販売店

0925643900

ブログ|アメ車 福岡|ベイカーズ 福岡県福岡市南区の輸入車・中古車販売店ブログ

ブログ

☆2011/12/19  02y シボレー アストロ インマニガスケット 交換☆

新年、明けましておめでとうございます。 「はなみず」こと、メカニックの岡部です。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

今年は辰年ですね☆

わたくし自身も、もっとスキルを磨いて、辰のように、グングン上昇していきますよ!

 

 

さて、ブログへのアップが遅くなってしまいましたが、

昨年の年末に行った、2002年式 シボレー アストロの、インテークマニホールドガスケット(ロアー側)の

交換の様子をご紹介致します。

 

作業前~☆

1.jpg

室内側も~ 助手席を外して、しっかり養生します。

2.jpg

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、GM系のこの年式あたりの VORTECエンジンには

多いトラブルで、インテークマニホールドと、シリンダーヘッドの間から水漏れしちゃうって症状です。

 

簡単に言えば、エンジンの上部と真ん中の継ぎ目から水漏れする感じです。

 

この辺のぞくと見えます。うーん、濡れてますね。

3.jpg

 

純正のガスケット自体が、もともとあまりヨロシクなくて、年数が経つと、へたっちゃってしまうのですね。

そこで、対策品に交換します。

 

冷却水を抜きまして、

じゃ、分解していきます。まずエンジンルームからです。

シュラウド、クーリングファン、パワステプーリー、ファンベルト、

オルタネーター、オルタとコンプの土台などなど…

4.jpg

ここまでバラすと、漏れ具合がよく見えます。

ちなみに、コンプレッサーは外さず、写真のように吊っておきます、ガス代がもったいないので。

作業時間と、お財布にも優しいテクニックです(笑)

 

車内のほうも、この状態から

デスビや、インマニにひっついてるちょこちょこした物を外します。

デスビを外す時は、クランクプーリーの位置と、外す前のローターの位置に印を付けます。

(点火順序が狂わないように)

5.jpg

6.jpg

 

スッキリしましたね。あとは、フューエルラインを外して、

インマニのボルトを抜いて、降ろしちゃいます。

 

7.jpg

降ろしました。前後に塗ってあるシールが、ボロボロですね。

冷却水の口もこんなに汚い!

8.jpg

スクレーパーなどを使って、油分や、凹凸が残らないよう、キレイにしていきます。

9.jpg

外したガスケットと対策品のガスケットです。

パッキン部分の厚みが違いますね。

 

10.jpg

 

このガスケットを貼って、シールをこんもり塗って、インマニを乗せます。

あとは、逆の手順で、外した部品達を組み付けて、冷却水を入れて、エア抜き、

水漏れがないかテスターで確認したら完成です。

 

 

今回はインマニからの水漏れでしたが、他にもラジエターや、ウォーターポンプからなど

様々なケースがあります。

 

ご覧になられた方で、冷却水の減りが早いとか、エンジンルームから変な臭いがするなど、気になられたら

すぐ!すぐ確認しましょう!

 

水漏れは、オーバーヒートに繋がります。

オーバーヒートを起こせば、エンジン本体にかなりの負担がかかります。

そうなった場合、修理代も、何十万コースの高額修理になりかねません。

 

 

ではでは、この辺で。

長文にも関わらず、最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

 

 

コメント はなみず

 

 

0925643900